2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


食卓

まあ、なんですよ、この写真はなにをどうというわけでなく
単に素材として選びました。
撮影した実々さんもざっと撮ったんだということも記事から理解しております。

テーブルセッティングには、当然ルールが存在するわけで
それを無視するわけにはいきません。
それを考慮しながら被写体がどんなものなのか考えながらセットしていくわけです。

そうしてこの写真を見ると
気になるのはシチューの色ですよね。
白いものに露出があえば、当然、それより暗いものの色は落ちるわけです。
逆だと白いものが飛んでしまうわけですね。
この写真のようにメインの光が強い斜光の場合は
なおさらその影響が顕著になるわけです。

で、お皿の色、形、ファブリックを含めて撮影前にいろいろ考えるわけですが、
それは仕事的な話なのでここでは無しにします。

自分が自宅で簡単に撮るとすると
まず、色の濃いものは光源の近くに置くようにします。
で、この画を考えると、
シチューのお皿は光源から離れていますよね。
でもセットの関係でシチューのお皿はここ、となると、なにが問題だったのか。
シチュー皿は背の低いものにする。うん。。
でももっと決定的なのは背の高いカップが
シチューのお皿に影を落としているということですね。
このカップをはずして、もう少し寄ってフレーミングするとか
背の低いカップに変える。かな。。

この写真がそんなつもりで撮ったんじゃないことは重々承知しています。
ま、こんな方法、考え方があるんですよってことをわかってもらうために
使わせていただきました。

じゃあ、そう撮れてしまった画をどうするか。
こう、補正してみました。
まず、拓郎さんも「朝の光はまぶしい方がいい♪」とおっしゃっていますので、
全体に少し明るめにします。ま、これはほとんどいじる必要はないくらいですが。
あとはシチューの部分のみを領域指定、指定した部分の境界にぼかしを入れます。
そして、明るさとコントラストを調整します。

食卓

いかがでしょう?おいしそうですよね??



ケーキ

これはこれでありなのかな?と思いつつ、
気持ちハイキーにもっていった方が楽しそうかなと。
クリーム、粉砂糖の質感がなくならないように、でもハイライトは
だけは飛ばしてしまおうと。
クリームがいやらしくならない程度にブルーをカットしていく。
ここ数年、情報誌のスゥィーツ特集のイメージ寄りの写真にありがちな
感じかな。

ケーキ2

いかがでしょう?



タコス

いつもお世話になっている必殺のパン職人実々さまのブログ。
そこで見つけた写真です。
光の入り具合はいいのですが、電球色が出過ぎなのがもったいない。
ちょっと露出がアンダーなのも輪をかけてます。
ま、食べ物の写真で青に転ぶよりは、黄、赤に転んだ方がおいしそうではあるので
(もちろん程度はありますが。。)ちといじってみようかなと。

今回はミックス光ではないので、補正は楽です。
作業的にはまず少しコントラストを上げメリハリをつける。
明るめに補正をかけて、フィルターでシアン、ブルーを持ち上げて赤みをとる。
この際の基準はメインの色気をみつつ、お皿に注目。
お皿が青が浮かない程度に留めることに気をつけながら色を補正しました。

あとはほんの少しシャープネスをかけてできたのがこれ・・・・・

タコス2

いかがでしょうか?